介護の求人を探して待遇のいいところを探そう

レディ

派遣社員で働くということ

婦人

業務請負とは異なります

人材派遣という言葉は、誰でも一度は目や耳にしたことがあるでしょう。このシステムは、いわゆる直接雇用とは違っていて、派遣元、派遣先、そして派遣労働者の三者から成り立っています。派遣元は人材派遣会社、派遣先が企業、そして派遣労働者というのが、一般にいわれる派遣社員のことです。派遣労働者は派遣先の就業規則に従って仕事をすることになります。これと似たようなシステムで、業務請負というものもあります。一見同じように見えますが、業務請負は受け入れ先、つまり派遣先で仕事をするものの、仕事をするうえでの指示を出すのは、業務請負会社になります。派遣労働者の場合は、派遣会社の指示ではなく、派遣先の指示に従うことになりますので、その点が大きな違いであるといえます。

派遣で働くメリットとは

人材派遣会社を通して働くメリットは、やはり自由が利くということです。自分の働きたい期間や時間帯に仕事をすることができますし、得意分野の仕事を探して働くこともできます。無論この場合は、パートやアルバイトとして仕事をすることも可能ですが、パートまたはアルバイトよりも時給が高いです。また正社員に比べると、職場の人間関係などもそう気になりません。また、人材派遣会社によっては、紹介予定派遣をしてくれることもあります。この紹介予定派遣というのは、最初派遣社員として企業で働き、その仕事が自分に合っているようであれば、その後契約社員や正社員として就業できるシステムです。普通の転職と違い、実際に仕事を経験したうえで、転職をするかどうかを決めることができます。